男性が女性の仕事をどう見るか

日本では、男性と女性では男性の方が働いている割合が圧倒的に高いです。そのため、女性は専業主婦や子育てに専念するものという見方が長い間続いてきました。しかし、不景気な状態になると、男性の稼ぎだけで家族を養うのは困難となります。そのため、女性も社会に参画する機会が徐々に増えてきました。
しかし、企業側が女性に対して送る目線は冷たく、企業における女性管理職の割合が圧倒的に低いというのが問題となっているのです。女性の場合は結婚や出産を機に会社を辞める場合が多いため、企業としては大切な戦力がいきなり抜けてしまうというのは相当なダメージとなります。そのため、企業としても女性の出世を見送ったり、採用に対して難色を示すことがあるというのが実情のようです。そういった背景もあり、パートや派遣などの非正規雇用で働く女性が多く、男性視点では女性の仕事と言うのは短時間のパートや派遣社員としての労働と言うイメージが非常に強いのです。

しかし、女性としてはそういった扱いを社会で受けるのは本意ではありません。そのため、女性としては、女性ならではの感性が必要な職に就くことや、女性の割合が高い会社に就職を試みるというのが重要ではないでしょうか。アパレル関係や教育関係、販売関係であれば女性ならではの感性が必要な業界でもあるため、就職も比較的しやすいと言えるでしょう。また、企業として女性の割合が高い組織は女性を積極採用している可能性が高いです。女性が多い職場として筆頭に挙げられるものに、看護師があります。患者さんと接するにあたり、女性特有の細かな心配りや優しい声掛けは男性に負けない武器となることでしょう。女性の仕事の中でも比較的高収入が得られることでも知られており、男性に負けないやりがいや収入を求める人には適した職業とも言えます。また、男性視点から見ても看護師という仕事は良いイメージが多く、結婚相手として人気がある仕事となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP